News & Topics

新たな食料・農業・農村基本計画について農水省から寄稿

2020年05月20日

2020月20

 

関係各位

協同組合日本飼料工業会

 

 

新たな食料・農業・農村基本計画について

~我が国の食と活力ある農業・農村を次の世代につなぐために~

 

今般、農林水産省大臣官房政策課より令和2年3月31日に閣議決定された食料・農業・農村基本計画について寄稿いただきましたので、お知らせいたします。

 

■ 寄稿文  ☚ ここをクリックしてご覧ください

 

■ 新たな基本計画は農林水産省のHPからご覧ください

https://www.maff.go.jp/j/keikaku/k_aratana/index.html

 

同計画は、食料・農業・農村基本法に基づき、食料・農業・農村に関し、政府が中長期的に取り組むべき方針を定めたものであり、情勢変化等を踏まえ、概ね5年ごとに変更することとされおります。

今回の基本計画の閣議決定に当たって「計画の見直しにおいて、地域をいかに維持し、次の世代に継承していくのか、という視点が重要であり、そのためには、国内農業の生産基盤の強化が不可欠である。」との農林水産大臣の談話が公表されております。

 

【 食料国産率の導入 】

基本計画では、飼料が国産か輸入かにかかわらず、畜産業の活動を適切に反映し、

   国内生産の状況を評価する指標として、食料国産率の目標が新たに設定されました。

 

今後の食料自給率は、食料安全保障の状況を評価した①「カロリーベース」と経済活

   動の状況を評価した②「生産額ベース」の2つの視点で、各々に飼料自給率を反映した

   従来からの食料自給率と、新たに導入される飼料自給率を反映しない食料国産率が設定

   されます。

 

【 食料自給率目標と食料自給力指標について 】

~農林水産省HP~

     https://www.maff.go.jp/j/keikaku/k_aratana/attach/pdf/index-10.pdf

  

               <食料国産率(H30年度)>

            ( )は飼料自給率を反映した食料自給率

                 カロリーベース   生産額ベース

       総合食料自給率・・・46%(37%)  69%(66%)

       畜産物の自給率・・・62 (15)   68 (56)

       ・・牛肉・・・・・・43 (11)   64  (56)

       ・・豚肉・・・・・・48 ( 6)   56 (43)

     ・・鶏卵・・・・・・96 (12)   96 (65)

 

 

           <新たな基本計画における食料自給率目標等> 

                   (単位:%)                   

            H30年度(基準年度)→ R12年度(目標年度)

      ❏総合食料自給率 

   カロリーベース     37   →    45

   生産額ベース      66   →    75 

      ❏食料国産率

   カロリーベース     46   →    53

   生産額ベース      69   →    79

      ❏飼料自給率       25   →    34

   

以上

▶ 記事一覧へ戻る