News & Topics

【 情報提供 】 農林水産省が新年度予算を説明しました全国畜産課長会議

2020年02月03日

2020年2月3日

 

関係各位

協同組合日本飼料工業会

 

【 情報提供 】 農水省が新年度予算を説明(全国畜産課長会議)

 

 

月20日、農林水産省で全国畜産課長会議が開催され、生産局畜産部から2019年度補正予算と2020年度当初予算の説明及び質疑が行われました。追って、都道府県等での説明会が開催されると思いますが、関係する事項の概要をお知らせします。(資料は大部のため、抜粋版です。)

 

1 和牛・乳用牛の増頭・増産対策

<畜産クラスター計画に基づく、増頭奨励金について、次の説明がありました。>

資料は農林水産省HPp28です。

https://www.maff.go.jp/j/chikusan/kikaku/lin/l_zigyo/attach/pdf/191212-13.pdf

 

(1)和牛 繁殖雌牛(飼養規模50頭未満→24.6万円、50頭以上→17.5万円)

・飼養規模は期首/期末で判断し、増頭頭数に対して奨励金が交付されること。 

・年齢、能力等の要件が課されること。

・事業要望が予算を超えた場合でも、単価カットはせず、実施年度の優先順位を付けて行うこと。

 

(2)乳用後継牛 27.5万円(都府県対象)

・飼養規模120下の経営を対象とし、120頭になるまでの増頭が対象(上限60頭)。

・外部導入が対象で、自家育成、団体貸付牛は対象外。

 

2 配合飼料価格安定制度について

 <通常補てん借入金が今年度中に完済予定であること、これに伴い補助事業におけるクロスコンプライアンス 

   が2019年度補正事業から除外されます。>

 

3 堆肥舎等長寿命化推進事業の拡充(alic事業)

 <家畜排せつ物処理施設の補修・簡易堆肥舎の資材費の補助が追加されます。>

     【資料】 添付ファイル1 添付ファイル2

 

4 ASF侵入防止緊急支援事業(イノシシ侵入防止柵)(alic事業)の運用

 <基礎工事を補助対象とすること、予算繰越を認めることなど。>

    【資料】 添付ファイル3

   また、新年度からは農林水産省動物衛生課の事業として都道府県を通して実施されます。

 

【作成:参事 安井護】

▶ 記事一覧へ戻る