News & Topics

青森県西北地域飼料用米生産者の皆様が来訪されました飼料用米生産の意見交換と感謝状贈呈

2019年01月23日

平成31年1月23日

▲▽▲▽▲▽【お知らせ】▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

□青森県西北地域飼料用米生産者の皆様の来訪

□飼料用米共同買い付けへの御礼と意見交換

□生産者の皆様への本組合会長名の感謝状の贈呈

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

                     協同組合日本飼料工業会 広報室

 

 国の施策にて平成20年産から飼料用米など新規需要米に対する助成が

された。その後、国は助成金を手厚くして、飼料用米の利活用が一層

進されるようになり、飼料業界においても飼料工業会をはじめ業界全体

として26年から飼料用米の利用拡大に積極的に取り組んでいる。

 

 飼料工業会は、27年2月には青森地域と鹿島地域に飼料用米生産利用

  推進協議会を設立、コスト低減に向けた検討や産地調査、生産者等との意

  見交換会も実施してきている。

 

 なお、青森地域では飼料用米生産農家と連携を図り、飼料工業会が飼料

用米生産者グループから飼料用米を直接買い付け、八戸地区の組合員飼料

メーカーに引き渡している。

 

  今般1月22日に、青森県西北地域飼料用米生産者の皆様が、平成30

 年飼料用米の共同買い付けへの御礼に多数来会された。その折、平野専

 務をはじめ、飼料用米チームの担当者が応対し、これ迄の飼料用米生産の

 取組況や今後の展望について熱心に意見交換を行った。

 

 その席上、飼料工業会から平野会長名にて感謝状を贈呈し、今後もより

多くの飼料用米の供給をお願いし、深く感謝の意を表した。生産者の皆様

からも飼料用米の増産への熱い意欲が示された。

 

 ■贈呈した感謝状 ←(ここをクリックしてご覧下さい)

 ■青森県西北地域飼料用米生産者の皆様(名簿) ←(同上)

 

【文責:広報室 武馬】

 

 

 【 スナップ写真はこちら 】

 

(左)共同買い付けへの御礼を表明される

㈲秋田谷ファーム 代表取締役 秋田谷和智 様

 

                熱心に意見交換をする生産者の皆様

 

熱心に意見交換をする生産者の皆様

 

 

意見交換の様子(全景)

 

感謝状の贈呈

(左)飼料工業会 平野専務 、(右)㈲グリーンサービス 代表取締役 吉田郁世 様

 

 

 

感謝状を手にして記念撮影

中 7名の方は生産者様(氏名省略)

(左)飼料工業会 安井参事、(右)飼料工業会 平野専務

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▶ 記事一覧へ戻る