News & Topics

「肉用牛繁殖技術シンポジウム」開催のお知らせ主催:全国肉用牛振興基金協会

2019年01月22日

平成31年1月22日

 

組合員 各位

基金協会 各位

 

協同組合日本飼料工業会 広報室

 

 

「肉用牛繁殖技術シンポジウム」開催のお知らせ

 

 (一社)全国肉用牛振興基金協会が主催する肉用牛繁殖性向上検討会(肉用牛繁殖技術シンポジウム)の開催案内がありましたので、お知らせいたします。

 

   参加を希望される方は、添付の参加申込書に記入の上、直接、シンポジウム事務局(全国

  肉用牛振興基金協会)宛にFAX又はEメールにてお申込み下さい。(※)

 

 (※)本組合宛の開催案内には、参加者の取りまとめ等に協力願いたいとされていますが、

      各社(参加希望者)は直接お申込み下さい。【事務局に確認済みです】

 

■申込期限 :  平成31年2月8日(金)17時

       各会場とも定員100名になり次第締切となります

 

    ■申込先  :  肉用牛繁殖技術シンポジウム事務局

  FAX 03-3288-0443

  Eメール shinko@nbafa.or.jp

     

     (下線箇所をクリックしてご覧下さい)

    ■本組合宛の開催案内 

    ■参加申込書

    ■(参考)東日本ブロックシンポジウム案内パンフレット

 

【 開催概要 】

1.主催 (一社)全国肉用牛振興基金協会

 

2.開催日時・場所 

1)東日本ブロック

  平成31年2月19日(火)13~17時

  盛岡市盛岡駅西通二丁目9-1

   マリオス 18階 188会議室

 

2)西日本ブロック

   平成31年2月21日(木)13~17時

  福岡市博多区千代4丁目1-27

福岡県自治会館 2階 201・202会議室

 

3.内容 <演題は仮題です> 

   (1)基調講演

       「ICTを活用した肉用牛の繁殖性向上の効果について」          酪農学園大学 教授 堂地 修 氏

 

     (2)講演

         ■東日本ブロック

㋐「ICT機器の活用による肉用牛の繁殖率の改善について」

             北里大学 講師 鍋西 久 氏

            ㋑「宮崎県内の生産現場におけるICT機器を活用した繁殖管理          

            の現状について」

             宮崎県畜産試験場 研究員 日高 祐輝 氏

 

        ■西日本ブロック

㋐「ICT機器の活用による肉用牛の繁殖率の改善について」

             北里大学 講師 鍋西 久 氏

          ㋑「静内地域における和牛生産振興の取組みについて」

             北海道日高農業改良普及センター職員

 

     (3)意見交換会

         座長 酪農学園大学 教授 堂地 修 氏

 

以上

▶ 記事一覧へ戻る